基弘会グループが運営する介護施設リズム仙台OPEN
基弘会グループが運営する介護施設リズム仙台OPEN

トップページ » 研修情報

基弘会での研修制度

基弘会(夢の箱/ココナラ)では、随時研修を行っております。

介護研修風景

職員の方々には安心して仕事に取り組みながらスキルアップしていただけるように、また、利用者の皆様にも快適で安心な生活・サービスをご提供できるように随時研修を行っております。

一般的な介護施設での研修での状況

600_016

600_001

日々介護業界でもったいないことが起こっています。優秀な介護職員の方々が、負担でやめていっています。

転職されて基弘会に来られる方の中にも前働いていた施設では研修が無く、技術に自信がつかなかったという方もおられます。

研修を行う余裕がない施設が多いのです。

介護施設での研修での状況

介護研修介護研修風景

基弘会では研修を重視しています。資格取得者のフォローアップ研修や、新入職員の方の入職者研修、また先輩に同行してサービスを習得するOJTなどです。研修を行うことで、技術の幅が広がり、職員の自信につながります。

また研修中の雑談などで、職員間のコミュニケーションの一助となっています。同じ研修を受けることで、技術の画一化となり、職員によってスキルの差が広がりにくいようにしています。

コミュニケーションがうまく行くことで、ご利用者様の満足度も上がってきます。快適にお過ごしいただけるようになります。

研修が充実していることで、職員の満足度も高く、快適に勤続いただく理由の一つになっています。

技術レベルだけでなく、職場の雰囲気というのはご利用者様にも伝わります。ご利用者様の満足度が比較的高いというのも、研修制度が一因となっている事でしょう。

基弘会流・新『キャリアアップ制度』

013_600

『人才育成塾』は、基弘会の職員として必要な知識・スキルの習得のために法人が全力を尽くします。

優秀な講師を招いた社内研修、研修センターを立上げての社外研修の2つの制度と新たにジョブ制度(後述)を導入し、人材・人在・人才の育成を実施し、人財にします。

施設内研修を『基弘会セミナー』として運営します。

『基弘会セミナー』は、研修計画に基づき、全員一律に研修を受講し
て頂き、法人職員のスキルを底上げします。

施設外研修『介護ビジネスアカデミー』の参加。

 

本人の意欲・法人の育成計画に基づき、研修参加をしていただきま」
す。勤務として受講できるほか、受講費も法人が負担いたします。

委員会活動を『ジョブ』として活動をいたします。

スキルや意欲を発揮する場として公開し、職務外の外 貨獲得を目指
し、これからの介護業界の発展に資する活動を展開します。

ジョブ活動とは

これまでのゼミ参加により取得した知識や資格をもとに、ジョブに参画
し、活動した場合に時間外又は資格手当を別途支給します。

『人才育成塾』の評価制度について

基弘会セミナー

017_600介護研修風景

参加者は研修手当を支給します。また、業務都合等で参加できない物は、あらかじめ所属長に申し出を行い、復命書の内容を理解し、レポートを提出・承認を得た場合は同様とします。

 

不参加で且つレポートの未提出又はレポートの承認を得れなかった場
合は賞与査定の際、ペナルティが課せられる場合があります。

基弘会/夢の箱/ココナラでの研修事例

基弘会

  • 経営方針発表会
  • 組織論
  • 感染症予防
  • 救急救命講習会
  • 接遇マナー研修
  • 事例検討の進め方
  • 事例検討会①
  • 事例検討会②
  • 医療研修
  • 高齢者虐待防止研修
  • 対人援助技術
  • 人権研修『精神障害の理解と対応』
  • 職員伝達研修

など

夢の箱

<居宅介護支援(ケアプランセンター)>

法人研修や外部研修に参加して、得た知識や情報を職員と共有しています。情報伝達の講師にもなります。
医療研修を開催しています。担当者は講師となって研修を実施しています(7月11月3月開催)。
また事例検討会の開催しています(6月10月2月開催)。

<通所介護(デイサービス)>

週1回介護技術研修を実施しています。

<訪問介護(ヘルパー)>

【研修事例】

009_600
  • 在宅生活必要な身体開示 基礎知識から応用までの実技研修開催
  • バイタルチェック
  • オムツ
  • パッドの当て方、陰部洗浄
  • 清拭の行い方(カテーテル使用含む)
  • 生活介助について等
  • 足浴/手浴/基本清拭/口腔ケアについて
  • ベッドの上で行う衣類交換
  • シーツ交換(麻痺がある方の解除方法含む)
  • ベッド上で行う洗髪
  • 準備の行い方

など

その他、研修受講申請が承認されれば外部研修を受講することができます。

外部講座受講(介護ビジネスアカデミー)

003_600介護研修風景
  • 介護施設の接遇とコミュニケーション術習得講座
  • 介護施設の稼働率向上の集客術講座
  • 介護求人プロモーション講座
  • 施設ケアマネージャー・生活相談員実務講座
  • 管理者、施設長の仕事講座
  • 介護現場を変えるリーダーマネジメント講座

など

研修を受けた職員の感想

  • 受講する前は意識していなかった行動に気付くことができた。
  • これまでは介護と接客は、似ている様でかけ離れている物だと思っており、普段に取り入れる事が難しいものだと思っていました。しかし、一つ一つを見てみると、介護というのも、接客なのだなと思いました。今まではやる事をしっかりとやっていればそれで良いと考えていましたが、お客様はしっかりと見ているという事を学び、自分の立ち振る舞いを考え直す良いきっかけになりました。
  • 今まで発想になかった考え方で目からうろこでした。かと言って難しい内容ではなく、すぐに行動に移せる実践的な内容です。回毎に成長出来ている自分を感じる事が出来ます。
  • 求人のメッセージ作成法、ターゲットに接触する手段。パンフレットのキャッチコピーの考え方、作り方。
  • 「もう一人の自分を作る」が自分に必要だと思えました。冷静に自分のことを見る時間があまりにも無いことに気付いたからです。本当に今している事が必要なのか等が分かれば、考える事も自ずと必要なものだけになっていくと感じました。
  • リーダー像について、振り返る事が出来ています。
    現場に落とし込み、活用できる機会を頂いております。
  • 「役職者に求められる事」が曖昧なまま業務をしていたので、原点に返って勉強できて、とても幸せです。
  • リーダーとしての自覚の再確認、リーダーシップの発揮の仕方、共感することが学べたことが良かった。
  • 自分で心がけている事が、どういう効果を生み出すのか、それを気付かせてくれる話が多くあった。
  • 素直になって、吸収したい。
  • リーダーとして職場での活動に非常に役に立つ話をしていただけるので、すぐに活用できる。
  • リーダーの役割について、自分が変化(変身)することが大切という事が分かった。
  • 知識の再確認と、整理が出来た。
  • 職員教育に活用できると思う。
  • 介護のプロとして、目の前にある事象に「なんで?」「これはダメなの?」等、今の業務を改善するためのキッカケになりました。
    すべての事例は、すべての省令、判例等に通じるものであり、何から手を省けるべきかも明確に分かりました。
  • 法令理解が進み、ケアプラン作成にあたっての考え方が分かった。
  • 実地指導や自己覚知、言葉遣い等、この講座を受講し、忘れていた事を思い出し、更に詳細に学ぶ事が出来て、即実践に移せる講座と思いました。
    職種は違えど、その立場に合ったとらえ方が出来るので大変勉強になっています。
  • 理解出来なかった事、施設ケアマネ、居宅ケアマネの違いや実地指導も分かりやすく参考になっています。知っている情報を増やすことは特に強みになります。
  • 法令に基づき、業務の根拠について考え実際に実務につき業務をこなしていくうち、実感出来てくると思います。
  • 自分がモヤモヤと思っていたことを代弁してくれているようで、自分自身においては大変勇気をもつことが出来ます。法の事に関して、分かりやすく解説頂くので大変有難く思います
  • 講座対象の職種ではないため、初めは講義の内容が理解できるかと心配でしたが、現場に繋がっている所のお話も多くあり、実務に活かせるとともに、知らない領域を学ぶことが出来ているのは非常に良い経験となっています。
  • 毎回の講義は非常に興味深く、他では聴けない内容をご教授頂いています。圧巻の講義でとても有意義で、自施設職員とも再学習しています。施設サービス計画の法令解説から、そのロジックもよく理解出来ました、感謝しています。

ページトップ